神戸の新監督 西野氏を最優先に交渉していることを明らかに

[ 2012年5月3日 18:43 ]

 J1神戸の高橋悠太チーム統括本部長は3日、新監督について、昨季までG大阪を10年率いた西野朗氏(57)を候補として最優先に交渉していることを明らかにした。

 決定の時期に関しては「26日の鹿島戦後、ナビスコ杯の2試合があるので、そこまでにはジャッジしたい」と述べた上で、早まる可能性にも言及した。ただし6日のC大阪戦、12日の名古屋戦については「(新監督が指揮する)可能性はゼロに近い」と話した。暫定的に指揮を執っている安達亮ヘッドコーチ(42)の就任も選択肢に入っているという。

 神戸は成績不振のため、4月30日に和田昌裕監督の解任を発表した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月3日のニュース