抜てきの木村 好守連発も「終わってしまったことが悔しい」

[ 2012年5月2日 23:14 ]

<G大阪・浦項>前半、PKを左足で阻止するG大阪・GK木村

ACL1次リーグE組 G大阪0―2浦項

(5月2日 スティールヤード)
 G大阪のGK木村が大一番での起用に燃えた。PKを止めるなど、好セーブを連発。顔立ちがイタリアの名GKブフォンに似ていることから「浪速のブフォン」の異名を持つ28歳に、松波監督は「こういう状況でも平常心でプレーできていた」と賛辞を贈った。

 10年目で初のJリーグ出場も引き寄せそうな活躍だが、木村は「自分のことより勝てなかったこと。ACLが終わってしまったことが悔しい」と唇をかんだ。

 ▼G大阪・今野 アウェーで先に失点すると焦りが出て、バランスも崩れる。ガンバらしさも、僕自身の力も示せなかった。この悔しさを絶対に忘れない。

 ▼G大阪・佐藤 自分が決めていれば流れも違った。FWのせい。情けないプレーをしたのに声援がありがたかった。恩返しのため(Jリーグで)必ず得点する。

 ▼G大阪・倉田 終わってしまったことは仕方ない。これで過密日程ではなくなるし、Jリーグに集中して、Jでタイトルを取れるようにやる。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月2日のニュース