横浜マリノス元社長・高木孝一氏死去 

[ 2012年4月24日 21:44 ]

 Jリーグ、横浜マリノス元社長の高木孝一(たかぎ・こういち)氏が23日午後10時47分、肝不全のため東京都内の病院で死去した。74歳。長野県出身。葬儀・告別式は28日午前11時半から横浜市港北区菊名2の1の5、妙蓮寺で。喪主は妻幸子(さちこ)さん。

 93年、Jリーグ発足時のチームの社長。日産自動車で常務、自動車部品メーカーのカルソニックカンセイで社長を務めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年4月24日のニュース