×

川崎F新監督に“理論派”風間八宏氏!28日にも初陣

[ 2012年4月19日 06:00 ]

川崎Fの監督就任が確実となった風間八宏氏

 川崎Fの後任監督に元日本代表MFで筑波大サッカー部監督の風間八宏氏(50、スポニチ本紙評論家)が就任することが18日、決定的となった。川崎Fは相馬直樹前監督(40)を11日に解任。山本昌邦氏(54)ら候補を3人に絞っていたが、関係者によれば、この日までに風間氏に一本化。既にオファーを出しており、風間氏サイドも受諾する方向で進んでいるという。

 理論派の解説者として知られる風間氏が、初めてJクラブで指揮を執ることになった。関係者によれば、同氏はこの日までに、オファーを受けた川崎F側に監督就任の意思を伝えたという。

 風間氏は97年にドイツでプロ生活を終えてからは、指導者として活躍。97年から桐蔭横浜大で初めて監督を務め、04年にJFA公認S級ライセンスを取得。08年からは関東大学リーグの名門で母校の筑波大監督を務め、今季はリーグ首位を走るなど、その卓越した手腕で結果を出してきた。

 川崎Fは11日に相馬前監督を成績不振のため解任。14日のG大阪戦からは望月達也コーチ(48)が監督代行を務めた。G大阪戦では敗れはしたものの、今季初めて2得点を記録。この日のナビスコ杯・仙台戦では3得点と攻撃力を発揮し、公式戦7試合ぶりの勝利を挙げた。チーム状態も上向いており、後任監督へのバトンタッチの準備も整ったと言える。

 すでに21日の札幌戦は望月体制で戦うことをクラブ幹部は明言しており、風間新監督の初陣は28日の広島戦となる見込みだ。現役時代の92~95年に在籍した古巣との対戦から、風間氏の新たなサッカー人生がスタートする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2012年4月19日のニュース