G大阪 3発大逆転!今季リーグ戦初勝利だ!

[ 2012年4月14日 21:07 ]

<G大阪―川崎F>後半、勝ち越しのゴールに抱き合って喜ぶ松波監督(右端)とG大阪イレブン

J1第6節 G大阪3-2川崎F

(4月14日 万博)
 今季はともに不調なチーム同士の対戦となったG大阪VS川崎Fは14日、万博で行われ、ホームのG大阪が0-2から3-2と逆転勝ちし、今季J1・6試合目で初勝利を挙げた。

 前半は11日に相馬監督を解任し、後任監督が未定、望月監督代行が指揮を執る川崎Fが主導権を握り、試合開始直後には田坂、前半30分には小林がゴールを決め2点を先制。

 だが、G大阪は前半終了間際に中沢のヘッド1点を返すと、後半には華麗なパス交換からサイドを崩し、23分に倉田のスルーパスに抜群のタイミングで飛び出した藤春からの左クロスを、新加入のFW佐藤が合わせて同点。39分にはまたもサイド攻撃から途中出場の新人、阿部が決めるなど、松波監督の采配も決まった。勝ち越しゴールが決まった時には、松波監督も選手と一緒に抱き合って喜んだ。

 試合後、松波監督はリーグ戦初勝利について「なかなか勝てない時期が続いたが良くやってくれた」と語り、逆転勝ちとなった展開にも「プラン通りではないが、2点差だったし攻撃的にいけばと。ガンバらしい攻撃ができた」と満足そう。また、阿部は後半22分からピッチに立った時には「松波さんに点を取ってこいと言われたので、絶対にとって来ようと」と思ったと言い、「手を上げていたら(加地から)いいところにきた」と得点シーンを振り返った。

 ▽G大阪・遠藤 できれば先に点を取ってという流れにしたいが、今の状況で勝ち点3を取れたことは、前進だと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月14日のニュース