後任監督進展なし…川崎F 勝って一体感を!

[ 2012年4月14日 06:00 ]

J1第6節 川崎F―G大阪

(4月14日 万博)
 相馬前監督解任後初の試合となるG大阪戦へ、川崎Fイレブンが必勝を誓った。FW小林は「今は精神的にも難しい状況だが、勝つことで一体感が生まれる。決めるべきところでゴールを決めたい」と気合を入れた。

 前日12日の練習では別メニューだったレナトも合流。GK西部は「雰囲気はきのう(12日)よりも良くなっている」とチーム内のムードも復調気配。一丸となり勝ち点3を獲りに行く。また後任監督について、庄子GMは「進展はありません」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月14日のニュース