川崎F新監督に山本氏?GM認めた「有力候補」

[ 2012年4月13日 06:00 ]

 川崎Fの庄子春男GMは12日、契約解除した相馬直樹監督の後任候補にアテネ五輪代表や磐田で監督を務めた山本昌邦氏(54)が挙がっていることを認めた。同GMは候補を3人に絞ったことを明かした上で「(山本氏は)有力候補ということです」と話した。

 今後、優先順位をつけて具体的な交渉に入っていく見込み。他の候補についても「日本人で指導者経験が豊富な人。選手の良いところを引き出してくれて、うちのクラブにマッチしている人を選びます」と基準を示した。後任決定の期限については「そんなに時間はかけられないが、(次の人選で)失敗できない」と焦らず、慎重に進めていく構えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月13日のニュース