独メディア 香川に高評価…大衆紙ビルトは「2」

[ 2012年4月12日 19:57 ]

 サッカーのドイツ1部リーグで11日のバイエルン・ミュンヘン戦に先発出場したドルトムントの香川真司に対し、12日付の大衆紙ビルトが2の高評価をつけた。採点方式は1が最高、6が最低で、専門誌キッカーは及第点の3だった。

 日本人対決でいずれもフル出場したアウクスブルクのMF細貝萌にはキッカーが3、シュツットガルトのDF酒井高徳にはビルトが3をつけた。ハノーバー戦にフル出場したウォルフスブルクの長谷部誠にはキッカーが3・5を与えた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年4月12日のニュース