長友ようやく出番「この環境がもっと努力しろを再確認させてくれる」

[ 2012年4月12日 09:08 ]

シエナ戦の後半、競り合うインテル・ミラノの長友(右)

セリエA インテル・ミラノ2―1シエナ

(4月11日)
 インテル・ミラノの長友は1―1の後半36分、ドリブル突破で決勝点となるPKを獲得した。

 「心は熱い気持ちで、頭は冷静に入れた」と持ち味を発揮し、存在感を示した。

 ストラマッチョーニ監督就任後は先発を外れ、リーグ戦3戦目でようやく出番を得た。長友は「ポジション争いが激しくなって、一瞬たりとも気を抜けない。この環境が、もっと努力しろということを再確認させてくれている」とレギュラー奪還へ前向きな言葉を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年4月12日のニュース