日本 30位にUP 韓国をかわして大陸別2位に浮上

[ 2012年4月12日 08:00 ]

 最新FIFAランキングが11日に発表され、日本は前回より順位を3つ上げて30位に入った。

 14年W杯アジア最終予選で日本と同組のオーストラリアがアジア最上位の21位で、日本は31位に順位を落とした韓国をかわして大陸別2位に浮上。その他のW杯予選対戦国はイラクが70位、ヨルダンが81位、オマーンが93位だった。

 1位スペインは変わらず、ドイツが前回3位から2位に浮上。ウルグアイが史上最高の3位に入り、オランダは2位から4位に転落した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年4月12日のニュース