川崎F 相馬監督電撃解任 立て直しへ山本昌邦氏ら候補

[ 2012年4月12日 06:00 ]

解任された川崎Fの相馬監督

 川崎Fは11日、相馬直樹監督(40)の解任を発表した。相馬氏は就任2年目の今季タイトル獲得を目標に掲げたが、5節終了時点で2勝1分け2敗の11位。公式戦5試合勝ちなしで浮上の兆しが見えないため、クラブ幹部は早期の立て直しが必要と判断した。

 今季の監督交代はJ2横浜FC、G大阪に次いで3クラブ目。当面は望月達也コーチ(48)が監督代行で指揮を執る。アテネ五輪代表監督の山本昌邦氏(54)ら数人を後任候補としてリストアップしている。

 川崎Fの相馬監督の電撃解任が発表された。オフだった前日10日に庄子春男GMから電話で契約解除を伝えられた相馬氏はこの日、クラブハウスを訪れ「ここまでのチームづくりは間違っていなかったと思っている。ただ現時点での成績が物足りなかったということでしょう。残念です」と寂しげに肩を落とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年4月12日のニュース