原技術委員長 OA枠の採用は「簡単ではない」

[ 2012年4月12日 06:00 ]

 日本協会の原技術委員長が五輪本大会で3人まで起用可能なオーバーエージ(OA)枠の採用についてあらためて慎重な姿勢を示した。

 仙台との練習試合を視察後に「大切なのは五輪よりもW杯アジア最終予選。もしOAを使うとしても大会の直前にしか呼べない。海外組にはオフの問題もあるし、いろいろなことを考えると簡単ではない」と説明。近日中に日本協会としての現時点の考え方を各クラブに伝える予定だが、最終結論に至るまで時間を要する可能性もある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年4月12日のニュース