アレグリ監督「誇りに思う」 伊サッカーの真骨頂見せたミラン

[ 2012年3月29日 10:08 ]

<ACミラン0―0バルセロナ>指示を出すミランのアッレグリ監督

欧州CL準々決勝第1戦 ACミラン0―0バルセロナ

(3月28日)
 堅守を代名詞とするイタリア・サッカーの真骨頂を、ACミランが見せた。王者バルセロナと無得点で引き分け、アレグリ監督は「選手たちのプレーを誇りに思う」とたたえた。

 36歳のネスタを軸とした守備陣が、攻勢を跳ね返し続けた。アウェー得点を与えなかったことで、敵地での第2戦が楽しみになってきた。同監督は「バルセロナで準決勝進出を勝ち取ることは可能だ」と強気だった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年3月29日のニュース