スピード解任の呂比須前ヘッド「またいつか日本で」 

[ 2012年3月27日 20:55 ]

 セホーン監督とともにヘッドコーチをスピード解任となった呂比須氏は27日、あいさつのため大阪府吹田市のクラブハウスを訪れた。母国ブラジルで監督としての成功経験がありながら、G大阪では補佐役という微妙な立場で手腕を発揮しきれなかった。

 「正直言うとショック。でも自分のベストを尽くした。いろいろ勉強させてもらった」と最後まで誠実な人柄がにじんだ。今後はブラジルやスペインで指導者を続ける予定で「またいつか日本でチャンスがあれば、結果を出したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月27日のニュース