なでしこ 合宿2日目は実戦的な練習に重点

[ 2012年3月27日 17:23 ]

練習する川澄(左)と上辻

 サッカー女子の3カ国対抗の国際親善試合に臨む日本は27日、宮城県内で合宿2日目の練習を行った。午前、午後とも約1時間半で、宮間(岡山湯郷)や川澄(INAC神戸)ら主力組と控え組とに分けた中で、9人対9人の実戦形式の練習に重点的に取り組んだ。

 特に佐々木監督の指示が多く飛んだのは控え組。選手のポジションを入れ替えながら、攻守の切り替えやパススピード、積極的な仕掛けなど、監督が挙げる課題の克服に時間を割いた。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位の日本は4月1日に仙台で同1位の米国と、同5日に神戸で同4位のブラジルと対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月27日のニュース