途中出場の森本“少し良くなった”FW陣最高点

[ 2012年3月27日 06:00 ]

セリエA・第29節 ノバーラ0―0レッチェ

(3月25日)
 ノバーラのFW森本貴幸は25日のホーム・レッチェ戦で後半15分から途中出場。ロスタイムに左足でシュートを放ったが、惜しくもクロスバーを叩いた。

 「最後にああいうチャンスを決めるか決めないかで自分の評価が変わると思う。ああいうところで決めるようにやっていきたい」と決定機を外したことを悔やんだ。26日付のトゥットスポルト紙はFW陣最高の6点をつけ「前回(ウディネーゼ戦)より少し良くなった。なんというクロスバー弾」と及第点を与えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月27日のニュース