敬意を表すモウリーニョ監督「自ら勝ち上がった」

[ 2012年3月27日 06:00 ]

欧州CL準々決勝第1戦 アポエル・ニコシア―レアル・マドリード

(3月27日)
 Rマドリードのモウリーニョ監督はアポエルに敬意を表した。

 歴史や戦力で圧倒するが「アポエルは自ら勝ち上がって準々決勝にいる。他と比較して最も名声から遠いクラブかもしれないが、素晴らしい大会を戦っており、尊敬に値する」と評価した。第1戦ではMFシャビ・アロンソを出場停止で欠き、DFリカルド・カルバーリョやMFディアラらも負傷欠場となるが、巨大戦力で優位は揺るぎそうにない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月27日のニュース