なでしこ 被災した練習場で合宿開始

[ 2012年3月26日 19:44 ]

 なでしこジャパンの選手たちは国際サッカー連盟(FIFA)の復興資金約1億2千万円で修復された人工芝と天然芝のピッチで練習した。

 昨年5月からの修復作業はまだ進行中。県協会の担当者は「震災で人工芝は下地のアスファルトがでこぼこになって、舗装し直した。天然芝も液状化してゆがみ、直しても余震ですぐゆがんだりした」と話した。米国戦は被災地のファンの前で戦う。宮間主将は「たくさんの人の思いを感じている。必死な姿を見せて勝利をプレゼントできれば」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月26日のニュース