完敗も…長友を評価 デルピエロ「大きな価値を見せた」

[ 2012年3月26日 11:01 ]

<ユベントス2―0インテル>後半、競り合うインテル・ミラノの長友(中央)

セリエA第29節 インテル・ミラノ0―2ユベントス

(3月25日 トリノ)
 不振のチームを活性化させるような劇的な活躍はできなかったが、名門同士のプライドがぶつかる“イタリア・ダービー”でDF長友佑都の動きは光った。

 完敗にラニエリ監督は「悔しさはある」とつぶやき、長友ら一部選手は試合後の取材エリアにも姿を見せなかった。

 ただ、今季リーグ戦無敗のユベントスの主力選手は、長友のプレーに一定の評価をした。イタリア代表のDFキエッリーニは「欧州でもやっていけるところを見せている」と語った。

 この試合で追加点を奪った元イタリア代表FWデルピエロも「攻撃面でも守備面でも、大きな価値を見せた」と述べた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月26日のニュース