長友フル出場も…“イタリア・ダービー”で完敗

[ 2012年3月26日 10:02 ]

<ユベントス2―0インテル>試合終了後、敗戦に落胆する長友

 イタリア・セリエA第29節の8試合が25日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテル・ミラノは、アウェーでユベントスとの“イタリア・ダービー”対戦し、0―2で敗れた。

 インテルは後半12分にDFカセレスに先制を許すと、同26分にも途中出場のFWデルピエロに追加点を奪われた。長友は左サイドバックでフル出場した。

 今季12敗目を喫したインテルは8位に後退。完勝したユベントスはリーグ戦いまだ無敗で、首位ACミランとの勝ち点差4をキープした。

 FW森本貴幸の所属するノバーラは、ホームでレッチェと0―0で引き分けた。森本は後半15分から2試合ぶりに途中出場し、同ロスタイムには決定機をむかえたが決められず、無得点に終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月26日のニュース