樋口監督が激怒!「躍動感も一体感もなかった」

[ 2012年3月21日 06:00 ]

ナビスコ杯予選リーググループB 横浜1-1大宮

(3月20日 NACK)
 横浜の樋口監督がふがいない戦いぶりに激怒した。

 前半15分に先制を許し、後半39分にU―23日本代表FW斎藤が決めてドローに持ち込んだが、指揮官は「前半は何もなかった。特に開始20~30分は私が指導者になってから一番残念な時間だった。チームに躍動感も一体感もなかった」とばっさり。それでも「これが底。上がっていくしかない」と今後の巻き返しを誓っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年3月21日のニュース