C大阪の五輪組はお疲れモード…清武「全然動けなかった」

[ 2012年3月17日 20:21 ]

J1第2節 C大阪2―1G大阪

(長居)
 U―23(23歳以下)日本代表としてロンドン五輪出場を決めた一戦から中2日で臨んだC大阪の3人衆はお疲れモード。清武は先制点の起点となったほかは存在感が薄く、後半途中に交代。「全然動けなかった。コンディションを上げてやり直したい」と話した。

 山口はファイトあふれるプレーの一方で、不用意な警告を受ける場面も。「勝ったのは良かったけれど、個人的にはあんまり…」と苦笑いした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月17日のニュース