横浜、斎藤J1初得点!U23バーレーン戦へ弾み

[ 2012年3月12日 06:00 ]

<柏・横浜>後半15分、斎藤が2-2となる同点ゴールを決める

J1第1節 横浜3―3柏

(3月11日 柏)
 横浜が昨季リーグ覇者をあと一歩のところまで追い詰めた。立役者の一人が、U―23日本代表MF斎藤だ。1―2の後半15分、右サイドからドリブルで中央に攻め上がり、最後は左足を振り抜きJ1初得点。「いや~びっくり。感触としては良いゴールだった」。試合はドローで終了するも、強烈な一発で王者を慌てさせた。

 昨季J2愛媛に期限付き移籍し、14得点と活躍。その勢いのままU―23日本代表に招集され、2月22日のマレーシア戦では初先発1得点。この日もJ1開幕初先発できっちり結果を出した。「愛媛に行って気持ちが強くなった。それがJ1でできたのは自信になる」と手応えを口にする。司令塔の中村も「速攻になったときのピースが増えた。最近はいじっても言い返してくる。成長した」と評価する

 試合では小学生時代に関東選抜チームでチームメートだった柏のDF酒井とマッチアップ。激しい攻防で何度もスタンドを沸かせた。14日にはその酒井と共闘し五輪切符の懸かるバーレーン戦に挑む。「チーム一丸となって勝ちたい」と代表に気持ちを切り替えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年3月12日のニュース