遠藤、ACL初戦へ余裕の笑み「不安は全くない」

[ 2012年3月6日 06:00 ]

 6日に行われるACLのホーム・浦項(韓国)戦に向け、G大阪の日本代表MF遠藤は「相手がどういう入り方をしても自分たちのサッカーをするだけ」と泰然自若だった。

 昨夏、親善試合・韓国戦で痛めた右内転筋はオフの徹底したケアと筋トレで完治。2月29日のウズベキスタン戦ではFKとCKのキッカー役に復帰した。過去のACL初戦は5戦2勝2分け1敗。韓国勢には未勝利だが「不安は全くない。ボクを含めて、多くの選手がACLを経験しているし、初戦の大事さは知っている」と余裕の笑みを見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月6日のニュース