大久保 生き残りをかけた一戦にも自然体「余裕ある」

[ 2012年2月24日 06:00 ]

ポールと背比べをする大久保。公称は1メートル70です

親善試合 日本―アイスランド

(2月24日 長居)
 大久保は代表生き残りのかかる一戦に自然体で臨む。代表戦の出場は10年W杯南アフリカ大会のパラグアイ戦以来。一度は日の丸のユニホームから遠ざかっていただけに「昔みたいなことはない。余裕があるというか、自分のプレーをすればいいという感じ」と平常心を強調した。

 舞台は07年10月17日のエジプト戦で代表初ゴールを決めた長居。久々の代表ゴールで存在を示したいところだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年2月24日のニュース