小倉会長 3・14バーレーン戦、午後8時開始を希望

[ 2012年2月24日 06:00 ]

五輪アジア最終予選C組 日本4-0マレーシア

(2月22日 クアラルンプール)
 日本サッカー協会の小倉純二会長がU―23日本代表の大勝を喜んだ。都内の自宅でテレビ観戦し、シリア敗戦は原博実技術委員長からの連絡で知ったという。「ホッとしましたよ。大迫が点を取ったし、酒井も本領を発揮した」と笑顔。

 3月14日の日本―バーレーン戦とシリア―マレーシア戦の試合開始時間の調整については「これからAFC(アジア連盟)が動くのでは」との見方を示し、日本時間午後8時キックオフの希望をAFCに伝えたことを明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年2月24日のニュース