ザックジャパンが大阪で始動…金園は右足負傷、病院へ

[ 2012年2月20日 19:25 ]

アイスランド戦に向け調整する初選出の久保(中央下)ら日本代表イレブン

 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップ(24日・長居陸上競技場)でアイスランド代表と対戦する日本代表が20日、大阪府内に集合して練習を開始し、18歳のFW久保(京都)やベテランMF遠藤(G大阪)ら25人が攻守の連係を確認するなど、約1時間半調整した。

 練習途中に右足を負傷し、松葉づえ姿で病院に向かった代表初選出の23歳、FW金園(磐田)は、代表からの離脱が決まった。今回は国内組のみの編成で、同じく代表初選出の久保やMF柴崎(鹿島)らには動きの硬さが目立った。

 海外組も招集する予定のワールドカップ(W杯)アジア3次予選のウズベキスタン戦(29日・豊田スタジアム)に臨むメンバーは、25日に発表される。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年2月20日のニュース