ユングベリ 清水を退団…出場わずか11試合

[ 2012年2月15日 06:00 ]

清水と契約解除したMFユングベリ(中央)

 清水は14日、元スウェーデン代表MFフレドリク・ユングベリ(34)との契約を双方合意で解除すると発表した。

 ユングベリは国際Aマッチ75試合で14得点。プレミアリーグのアーセナルの主力としても活躍し昨年9月、1年半契約の年俸6000万円で来日した。Jリーグに久々の大物外国人選手が加入したとして注目されたが、昨年12月24日の天皇杯・C大阪戦で左太腿を負傷。わずか19分で交代し、そのまま母国に帰国した。年が明けても同国内での治療を理由に、再来日しなかった。

 関係者によれば、日本で満足する住居が見つからなかったことや、医療態勢にも不満を感じていたという。ユングベリはクラブを通じて「双方違ったビジョンで戦うこと、また今季ACLでプレーする機会を失ったことも重なり、他の選択肢も模索するようになり、今回このような形となりました」とコメントした。

 わずか公式戦11試合で清水を去ることになったが、今後は代理人を変更し、現役続行を目指して新天地を探す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年2月15日のニュース