沢の“相棒”阪口 日テレ電撃移籍…プロ契約後押し

[ 2012年1月21日 06:00 ]

新潟Lから日テレへ移籍することが分かった、なでしこ不動のボランチ・阪口

 なでしこジャパン不動のボランチ、MF阪口夢穂(24)がアルビレックス新潟レディースから日テレ・ベレーザに電撃移籍することが20日、明らかになった。阪口は昨夏の女子W杯ドイツ大会でエースMF沢穂希(33=INAC神戸)とダブルボランチを組み、全試合に先発し、初優勝に貢献した。攻撃的MFとしてもプレーできる万能性を高く評価した日テレから年明けに正式オファーが届いていた。

 国際サッカー連盟(FIFA)の世界年間女子最優秀選手賞を受賞した沢とコンビを組んで、なでしこジャパン不動のボランチに君臨する阪口が、かつて沢が在籍した日テレに電撃移籍することになった。

 複数のクラブ関係者によると、日テレからオファーが届いたのは年が明けてから。阪口は米国のFCインディアナに所属していた09年に左膝前十字じん帯を断裂し、失意の退団&帰国になった際に救いの手を差し伸べてくれた新潟に深い恩義を感じており、移籍か残留かで大いに悩んだが、19日夜に決断したという。

 だが、愛着ある新潟を去る決断に背中を押したのは、今夏のロンドン五輪で悲願の金メダルを獲得したいという強い思いだった。新潟では、半導体を作る工場でフルタイム勤務をこなしてから移動して練習するという肉体的にも精神的にもハードな日々。だが、日テレは、なでしこジャパンのDF岩清水梓(25)と同様のプロ契約を用意。阪口は練習に影響のない時間だけクラブハウスで事務仕事をしながら、併設されているグラウンドで練習できる環境を手に入れることになった。新年を迎えるにあたって「一年を通して全く後悔しない年にしたい」と話していた阪口にとってまさに後悔のない移籍となった。

 10年限りで沢、FW大野忍(27)、DF近賀ゆかり(27)ら4人がINAC神戸に移籍し昨季はリーグ戦2位に終わった日テレにとって攻撃的MFもボランチもできる阪口の加入は久々の大型補強。22日の新体制発表を前に、サポーターにとってもちょっぴり遅めの“お年玉”になりそうだ。

 ◆阪口 夢穂(さかぐち・みずほ)1987年(昭62)10月15日、大阪府堺市生まれの24歳。7歳の時に下野池JSCでサッカーを始め、FC高槻から06年TASAKIに移籍。休部のため09年に米国のFCインディアナに移籍も左膝前十字じん帯断裂で退団し、10年から新潟へ。06年なでしこジャパン入りし、08年北京五輪、11年W杯ドイツ大会ではともに全試合先発出場した。国際Aマッチ通算47試合16得点。利き足は右。1メートル65、58キロ。血液型O。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年1月21日のニュース