駒野 ベルギー1部シントトロイデン移籍が決定的に

[ 2012年1月11日 06:00 ]

ベルギー1部シントトロイデン移籍が決定的となった駒野

 磐田の日本代表DF駒野友一(30)が、ベルギー1部シントトロイデンに移籍することが決定的となった。既に現地入りしており、同クラブが9日(日本時間10日)公式サイトで「フィジカルとメディカルチェックを受ける」と発表した。

 駒野はかねて「夢は3回目のW杯に出場することと、海外でプレーすること。2部のクラブでも行ってみたい」と海外移籍を希望。以前から同じベルギーのスタンダール・リエージュなども獲得に動いていたが、年俸7000万円(推定)と移籍金がネックとなりまとまらなかった。シントトロイデンは現在リーグ最下位の16位と低迷。1部残留(14位以上)のために、右サイドバックの補強を急いでおり、国際Aマッチ67試合に出場し、2度のW杯を経験している駒野に白羽の矢が立てられた。

 磐田とは契約期間を1年残していることから磐田関係者は「現地に行っているのは把握していますが、契約などに関しては、まだ何も報告を受けていません」とコメント。ただ、メディカルチェックなどで問題がなければ、交渉はまとまる見通しだ。 

 ◆駒野 友一(こまの・ゆういち)1981年(昭56)7月25日、和歌山県海南市生まれの30歳。広島ユース―広島―磐田。J1通算293試合13得点。01年U―20W杯、04アテネ五輪、06年W杯ドイツ大会、10年W杯南ア大会日本代表。1メートル72、76キロ。血液型O。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年1月11日のニュース