出場停止の国吉主将 ロッカールームで号泣「ごめん…」

[ 2012年1月10日 06:00 ]

全国高校サッカー選手権決勝 四日市中央工1―2市船橋

(1月9日 国立)
 累積警告で出場停止となり、ロッカールームから声援を送り続けた四日市中央工のMF国吉主将は大粒の涙を流した。

 閉会式では気丈な姿を見せていたが、最後のロッカールームで「みんな、ごめん…」と号泣。大体大への進学が決まっている国吉は「(決勝に)出られなくて悔いはあるけど、みんなが頑張ってくれた」と語り、2度目の全国優勝を後輩たちに託した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年1月10日のニュース