どうなる本田 CSKA指揮官「移籍の話はそれから」

[ 2012年1月8日 08:06 ]

 CSKAモスクワのMF本田圭佑(25)に関し、スルツキ監督が今冬の移籍に否定的な見解を示した。

 パリSGが獲得への動きを見せる中、6日付の地元紙スポルト・エクスプレスで「まずは故障を治すこと。本来の状態に戻し、それを示す。移籍の話はそれから」と話した。

 昨年9月に右膝半月板を手術した本田は同11月の復帰戦で痛みが再発。指揮官は「半月板に深刻な負傷を抱えていてはどこのクラブも手は挙げない。本田は早期回復とCSKAでのプレーを考えている」とし、移籍は戦列復帰まで成立しないとの認識を強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年1月8日のニュース