名将から“金言”得る!佐々木監督 FIFA表彰式へ出発

[ 2012年1月8日 06:00 ]

FIFA表彰式に出席するため成田空港から出発したなでしこジャパン佐々木則夫監督

 世界の名将から“金言”を得る。なでしこジャパンの佐々木則夫監督(53)が7日、FIFA(国際サッカー連盟)の年間表彰式(9日、チューリヒ)に出席するため成田空港からスイスへ出発した。

 女子チームの最優秀監督候補3人に最終ノミネートされているが同席する男子チームの最優秀監督候補、ジョゼップ・グアルディオラ監督(40=バルセロナ)ら大物指揮官との交流に意欲を示した。

 11年度に活躍した世界の“サッカーセレブ”が集うFIFAの年間表彰式。女子の世界最優秀選手候補3人にノミネートされたなでしこジャパンのMF沢穂希とともに初出席する佐々木監督は野望を胸にスイスへ旅立った。それは世界的な指導者からロンドン五輪の金メダルにつながるヒントを得ること。「接近できるのは楽しみ。選手の掌握術などを聞いてみたい」と意欲を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年1月8日のニュース