四日市出身の主将・和泉 因縁感じる決勝へ気合

[ 2012年1月8日 06:00 ]

全国高校サッカー選手権準決勝 市船橋2―1大分

(1月7日 国立)
 市船橋の2点目は主将の和泉が挙げた。後半11分、ゴール前やや右で「ちょっとずれてた」という横パスを受けると、落ち着いて1タッチでボールをコントロールし、ゴール左のサイドネットを揺らした。
【試合結果】

 今大会の3点目に「自分が決めるのは当然。2試合取れてなかったので、チームに申し訳なかった」と満足はしていない。三重県四日市市出身で決勝戦の相手は地元の名門、四日市中央工。何かの因縁を感じながらも、全力プレーで優勝を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年1月8日のニュース