パリSG 本田獲りに本格参戦!カカー失敗なら一気加速

[ 2012年1月5日 06:00 ]

パリSG移籍の可能性が高まってきたCSKAモスクワの本田

 フランス1部で首位を走る強豪パリSGがCSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(25)の獲得に向け、本格的に動きだしたことが4日、判明した。

 豊富な資金力でレアル・マドリードのMFカカー獲得にも動いている強豪は、既に本田獲得資金として移籍金1300万ユーロ(約13億円)を用意。今後、正式オファーに発展する可能性が極めて高くなってきた。

 本田の新天地が、花の都パリとなる可能性が高まってきた。複数のクラブ関係者によれば、既にパリSG幹部が本田の所属するCSKAモスクワと接触。水面下で正式オファーの準備が進んでいることが判明した。新オーナーにカタールの富豪が就任、豊富な資金力を武器に移籍金には1300万ユーロを用意。今後、両クラブの交渉が注目される。

 首位を走るパリSGは今冬、さらなる上積みを目指し、スター性と実力を兼ね備えた中盤選手の獲得に積極的に動いている。元イングランド代表MFベッカムの獲得こそ断念したが、ブラジル代表MFカカーの獲得も目指している。

 しかし、Rマドリードのモウリーニョ監督はカカー放出には否定的。その場合、並行して獲得準備を進めている本田へのアプローチが一気に加速する可能性が高いという。

 ▽パリ・サンジェルマン 1970年創設。86年にリーグ初優勝を達成し、ブラジル代表MFライーらを擁した90年代に飛躍。96年欧州カップウィナーズ杯制覇など93年から5季連続で欧州カップ戦で4強に入った。主な優勝はリーグ2回、フランス杯8回、リーグ杯3回、欧州カップウィナーズ杯1回。ホームはパルク・デ・プランスで収容4万7428人。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年1月5日のニュース