シーズン最後もドタバタ敗戦…柏木「来年怒られる」

[ 2011年12月25日 06:00 ]

天皇杯準々決勝 浦和0―1FC東京

(12月24日 熊谷陸)
 浦和はFC東京に0―1で敗れ、苦しんだシーズンに幕を下ろした。

 前半9分、相手選手と接触した山田暢が負傷。救急車で病院送りになると、暗いムードを引きずるようにミスからカウンターを食らうシーンが続発。来季指揮を執るペトロヴィッチ氏は試合後無言だったが、愛弟子の柏木は「ああいうプレーでは来年怒られる」と厳しい表情を見せた。梅崎は来季の残留を明言。「きょうの試合を糧に強くなりたい」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月25日のニュース