宮本引退試合を神戸で計画!古巣G大阪戦が最有力

[ 2011年12月20日 06:00 ]

 日本サッカー界に多大な影響を及ぼした宮本の引退試合を、神戸の本拠地で開催する計画が浮上した。クラブ関係者によると、長年の功労を称える形として、来年初旬にもホームズスタジアムでの開催を検討している。

 対戦相手としては、ユース時代から育ったG大阪が最有力候補に挙がっている。これについて叶屋社長は「具体的な話はまだ進んでいませんが、本人も望むならバックアップします」と説明。クラブはアンバサダーや強化部スタッフとして神戸にとどまってほしいと打診していたものの、「FIFAマスター」という新たな道へと進む本人の意志を尊重し、断念した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月20日のニュース