G大阪 新監督候補の呂比須氏と基本合意

[ 2011年12月15日 06:00 ]

 G大阪が、新監督候補の元日本代表FW呂比須ワグナー氏(42)と基本合意に達したことが分かった。

 呂比須氏はJクラブの監督に必要な日本協会公認のS級ライセンスを保持していないため、G大阪は日本協会に書類を提出し外国人指導者資格審査にかけている。ただ呂比須氏は指導者の実績が少ないため承認が遅れているという。仮に承認されない場合、G大阪は総監督かヘッドコーチとして指揮を執らせる方針。金森社長は「粛々と準備を進めており(資格審査も)問題ないと思っている」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月15日のニュース