韓国代表監督更迭 後任候補に洪明甫氏、ゴトビ監督の名も

[ 2011年12月8日 12:35 ]

 韓国サッカー協会は8日、趙広来代表監督の更迭を正式発表した。皇甫官協会技術委員長が記者会見で「このチームの力やチーム運営では、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会出場は難しいと判断した」と述べた。

 趙氏は昨年7月、監督に就任。しかし、11月のW杯アジア3次予選でレバノンに1―2で敗れ、責任論が浮上していた。後任にはJ1清水のゴトビ監督や元韓国代表主将の洪明甫氏、今年のKリーグで優勝した全北の崔康熙監督らの名が挙がっている。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月8日のニュース