インテルに気迫勝ち 自信深める元柏ドゥンビア「もっと勝ち進める」

[ 2011年12月8日 09:42 ]

インテル・ミラノ戦の後半、ヘディングで決勝ゴールを決めるCSKAモスクワのV・ベレズツキ

欧州CL1次リーグB組 CSKAモスクワ2―1インテル・ミラノ

(12月7日 ミラノ)
 CSKAモスクワは敵地でインテル・ミラノに勝利。2季ぶりの決勝トーナメント進出を果たし、スルツキ監督は「今夜はわれわれの方がいいプレーをした」と誇らしげだった。

 0―0で迎えた後半5分、ドゥンビアが守備ラインの裏に抜けて先制。1分後に同点とされてもひるまず、同41分にはCKをV・ベレズツキが頭で決めて勝ち点3をつかんだ。

 グループ1位が確定済みのインテルとは気迫が違った。かつてJ1の柏などでプレーし、今大会5得点のドゥンビアは「1次リーグを突破できてうれしい。今日のようなスピリットがあれば、もっと勝ち進める」と落ち着いた口ぶりだった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月8日のニュース