メッシら主力不在の“ベビー・バルサ”が圧勝

[ 2011年12月8日 06:00 ]

先制弾を決めたバルセロナのセルジ・ロベルト(上)

欧州CLグループH バルセロナ4-0BATE

(12月6日)
 バルセロナは控え布陣でBATEに4-0と快勝した。10日の国内リーグ・Rマドリード戦と15日初戦のトヨタ・クラブW杯を見据えてFWメッシら主力13人を招集外としたが、前半35分に19歳のMFセルジ・ロベルトが先制弾。

 GKを除く出場平均年齢20・8歳の若さで地元メディアに「ベビー・バルサ」と呼ばれたが、後半にも3点を加えてグアルディオラ監督は「誇りに思う」と称えた。1次リーグ20得点はCL最多記録に並んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月8日のニュース