×

J2最下位の岐阜 木村監督と来季契約せず

[ 2011年11月27日 20:41 ]

 J2岐阜は27日、木村孝洋監督(54)と来季の契約を結ばないと発表した。13日の草津戦に敗れた後、本人から成績不振を理由に辞任の申し出があり、クラブが了承した。12月3日の最終節まで指揮を執る。今西和男社長によると、後任監督は日本人の候補に絞って交渉を始めているという。

 木村監督を迎えた今季、岐阜は開幕から出遅れるなど低迷、2008年シーズンにJ2に参入してから初めての最下位が決まっている。この日、富山とのホーム最終戦後に記者会見した同監督は「低迷したので申し出た。責任は監督が取らないといけない。不本意な成績で申し訳ない」などと話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2011年11月27日のニュース