シュート14本も無得点…仙台、12戦ぶり敗戦

[ 2011年11月27日 06:00 ]

J1第33節 仙台0―1G大阪

(11月26日 万博)
 12試合ぶりの敗戦となった。仙台は相手の倍以上となる14本のシュートを放ちながら、4試合連続で無得点。

 手倉森監督は決定機を多く生み出した攻撃陣を「内容的には満足」とした。だが、それでも決まらないゴールについては「サッカーの神様が優勝争いを最終節まで注目されるような状況をつくり出したのだと思う」と苦笑いするしかなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年11月27日のニュース