遠藤 早期突破を喜ぶ「いろいろなことにチャレンジできる」

[ 2011年11月12日 20:25 ]

 2試合を残して早々と最終予選進出が決まったことに、前回のW杯予選も経験したベテラン遠藤(G大阪)は「できれば早い段階で突破したいと思っていた。いろいろなことにチャレンジできるいい機会になる」と今後のチームづくりへの好影響を口にした。

 前回のW杯3次予選は、病に倒れたオシム監督から岡田監督に指揮官が変わって間もない中での戦いだった。当時と比べ「完成度は今回の方が高い」と手応えを口にした。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年11月12日のニュース