山形降格で指揮官交代へ 元磐田監督・山本昌邦氏ら候補

[ 2011年11月4日 07:31 ]

<神戸・山形>J2降格が決まり肩を落とす山形イレブン

J1第31節 山形0-2神戸

(11月3日 ホームズ)
 山形は敵地で神戸に完敗し、J2降格が決定。小林監督は「球際の甘さが出た。今シーズン、修正できなかった」と淡々と振り返り、辞意を表明した。

 昨年の経営規模はJ1の18チーム中で最低の12億2900万円。苦しい経営で「外国人とか欲しい選手が獲れなかった」(小林監督)ためにJ1で戦う戦力が整わなかった。J2で2位となり、初のJ1昇格を決めた08年から山形を率いている小林監督だが「修正できなかった大きな責任がある」と辞意を表明。後任監督の候補には、元磐田監督の山本昌邦氏(53)らが挙がっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年11月4日のニュース