G大阪、倉田呼び戻す!!C大阪に期限付き移籍中

[ 2011年10月27日 06:00 ]

 G大阪が来季、C大阪に期限付き移籍しているMF倉田秋(22)を呼び戻す意思を固めていることが26日、明らかになった。実現すれば3年ぶりの古巣復帰となる。

 倉田は10年にJ2千葉へ期限付き移籍し、今季からC大阪に加入。攻撃的MFとして今シーズン公式戦39試合出場9得点を挙げており、日本代表MF清武とともに攻撃の柱に成長した。G大阪と倉田の契約は来季まで残っており、かつては西野監督も「二川2世」と評価。ユース育ちの高い技術に加え、ドリブル突破ができることも魅力だ。

 さらにG大阪の中盤は日本代表MF遠藤を含めて30歳を超えるベテランが多数。遠藤は右足内転筋を痛めながらのプレーが続いており、MF二川やMF明神、MF橋本もケガで離脱した経緯がある。シーズンフル稼働は難しく、世代交代の必要性も出てきている。

 シーズン終了後にも話し合いが行われるが、来季こそACL、ナビスコ杯と併せて4冠を狙うG大阪にとって、これ以上の“補強”はない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年10月27日のニュース