G大阪 クラブ創立20周年で川淵氏が講演

[ 2011年10月24日 06:00 ]

 G大阪はクラブ創立20周年を記念し、日本サッカー協会の川淵三郎名誉会長(74)を招き、大阪府吹田市内のホテルで講演会を開いた。

 同名誉会長は14年3月の完成を目指す新スタジアムにも言及。「阪神タイガースが人気があるのは4万人規模の甲子園球場の存在もある。G大阪も阪神に近づける」と新本拠地が人気に拍車を掛けると期待した。新スタジアム建設は12月の吹田市議会で承認を受けて動きだすが、既に万博公園内に建設されることで方向性は固まっている。24日には金森喜久男社長が吹田市役所などを訪問。クラブとしての考えを発表する見込みだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年10月24日のニュース