11月最終予選 原則1クラブ2人まで招集制限

[ 2011年10月14日 06:00 ]

 Jリーグ強化担当者会議が13日に行われ、11月のアジア最終予選2試合(22日バーレーン戦、27日シリア戦)に臨むU―22日本代表を、原則として1クラブ2人までの招集で構成する方針を固めた。

 バーレーン戦、シリア戦メンバーに選出されればJリーグ2試合に出場できなくなる。これまでは原則3人までだったが、Jリーグの優勝、残留争いが佳境を迎えることから、日本協会に変更を要請して了承された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年10月14日のニュース