鹿島またまた勝てず…指揮官「相手に運が味方した」

[ 2011年9月25日 06:00 ]

<鹿島・浦和>ラフプレーをめぐりエキサイトした浦和・デスポトビッチ(左)と鹿島・岩政はにらみ合う

J1第27節 鹿島0―0浦和

(9月24日 カシマ)
 鹿島は留争いを展開している浦和を相手に、痛恨の引き分けに終わった。

 相手の2倍近い16本のシュートを打ちながら無得点。前半11分の遠藤の左足ミドル、後半24分の田代のヘッドがともにバーを直撃するなど運にも見放された。オリヴェイラ監督は判定をめぐりペットボトルを叩きつけるなどいら立ちを隠せず。「相手に運が味方した。レッズはサッカーの神様に“ありがとう”と言いながら埼玉に帰るだろう」と皮肉った。

 上位陣の背中が遠のく3試合連続のドロー。7月31日のC大阪戦から続く連続不敗はクラブ史上5位タイの10試合に伸びたが、日本代表MF増田は「全然うれしくない。負けなしではなく、連勝じゃないと意味がない」と厳しい表情を浮かべた。残り7試合。来季ACL出場権を獲得する3位以内も厳しい状況になったが、最後まで諦めずに白星を重ねるしかない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年9月25日のニュース