シャルケ・ラングニック監督 健康問題を理由に辞任

[ 2011年9月22日 19:00 ]

 サッカーのドイツ1部リーグでDF内田篤人が所属するシャルケは22日、ラングニック監督(53)が健康問題を理由に辞任したと発表した。チームドクターによると、自律神経の疲労という。24日のリーグ戦はアイヒコーン・コーチが監督代行を務める。

 ことし3月に就任し、欧州チャンピオンズリーグ4強とドイツ・カップ制覇に導いた同監督は「熟考した結果、自分には休養が必要との決断に至った。自分に今あるエネルギーはチームを成長させるためには足りない」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2011年9月22日のニュース